子ども達の様子

Children of the state

カンボジア仏教寺院見学

投稿日 : 2022年10月20日

カンボジア仏教寺院見学

10月14日、小学部5・6年生は学校の北4km程のSamroung Andet寺(サムロンアンディエット寺)に仏教寺院の見学に行きました。仏教の専門家である前学校運営委員長の手束様の温かく分かりやすいガイドのもと、充実した寺院見学となりました。
見学途中、住職様に大変温かいお言葉やお心遣いを頂き、当初の計画以上に充実した時間となりました。今回の事前学習では日本とカンボジアの仏教を比較する中でカンボジアらしさを発見し、修学旅行で訪れる予定のアンコールワットやサンボープレイクックでもカンボジアらしさを見つけられるようにしよう、ということを目的としました。見学の最中、寺院の中にガルーダやナーガといったカンボジアらしさを見つけ驚いていると、「ガルーダは天狗として日本に伝わっているんだよ」と、手束様からの驚きの情報がもたらされました。また、「仏教は懐が深く、他の宗教の神様も仏さまを守る神として取り入れられているんだよ」とも教えていただき、カンボジアのお寺にナーガやガルーダが多く見られるなぞが解けたのでした。
 今回、修学旅行の事前学習として学習の目的を達成し、いっそう深められたことは、もちろん素晴らしい収穫でした。しかし一番の収穫は、住職様をはじめとする関係いただいたカンボジアの皆さんの溢れるようなやさしさに触れ、手束様が温かくオープンマインドでガイドをしてくださり、子どもたちは人の魅力が学習の楽しさと深くつながっていると気が付いているようでした。