子ども達の様子

Children of the state

小学部6年生 生け花体験

小学部4~6年生

投稿日 : 2016年09月15日

6年生では,社会科の学習で学んだ「室町文化」を実際に体験してみようと,「生け花」の体験を行いました。教えてくださったのは,草月流師範の石田恵峰先生(実名:小島めぐみさん)です。学校では,花器や剣山が揃わないため,CJCCにお伺いし,体験することになりました。

まずは,フラワーアレンジメントとの違いや花の扱い方,道具について説明を受けました。子ども達は,「花には裏表がある」,「葉をゆっくりなでてあげると表になる」ことなどを初めて知りました。また,花にも向きがあることや破れていたり枯れていたりする葉は切り落とすことなどを教えてもらい,そのためには,まずはじっくりと観察することも学びました。

感想では,「見ているだけだと簡単そうに見えたけど,実際にやってみると難しかった。」「花を生けるバランスや角度,花の長さを決めるのが難しかった。」など初めてお花を生ける体験で難しかったようです。しかし,夢中になって取り組んでおり,最後は,「とても楽しかった。」との声が聞かれました。学校に持ち帰った花も,毎日,丁寧に手入れや水替えをするほどお花に対する姿勢が変わりました。

海外にいるとなかなかこのような日本の文化に触れる機会が少なくなります。そのため,今回のような「日本の文化」に触れることができたことは,6年生の子ども達にとって貴重な体験となりました。将来,お客さんを接待することがあれば,ぜひ「生け花」でお迎えしたいとの声も聞かれ,嬉しく感じました。

お忙しい中,ボランティアで子ども達に生け花を教えてくださった小島めぐみ様,また,会場や道具を貸してくださったCJCCの皆様にも感謝申し上げます。ありがとうございました。